オゾン・バイオアクティブ療法

医療用オゾン発生器により得られたオゾン03を使用する治療法です。
オゾン療法は自然治癒力を増強させる治療法で、
オゾンによって活性化された酸素が加齢・老化した全身細胞を賦活化し、免疫・体力増強、
自然治癒力、体質改善を亢進させる治療法です。
《消炎・鎮痛・殺菌・ウィルス、デトックス効果》

こんな方にはオゾン・バイオアクティブが必要
QOLの高い生活目的の観点から     老化や病気の予防目的の観点から

★健康で快適に暮らしたい方         ★あらゆる病気の予防、
★不老長寿 ★健康力を上げたい方      そして老化にブレーキをかけたい方
                                                       ★免疫増強・体質改善したい方へ       


●肩コリや冷え性改善、むくみ改善。     ●血管を丈夫にしたい。
●疲労からの回復。                ●コレステロールを正常化したい。
●生理痛の緩和。                                 ●成人病予防して健康でいたい。
●細胞活性とスタミナの強化。                  ●動脈硬化があり、狭心症、
●ドロドロ血液をきれいにしたい。                 心筋梗塞や脳梗塞を予防。
●タバコや酒が多く心配。                        ●癌(がん)家系なので積極的に
●活力、精力、意欲の強化。                      癌(がん)予防したい。
●ずっと元気でいたい。                           ●免疫の改善で感染予防。
                                                        ●不妊治療。●ED改善。
                                                        ●まだ老化したくない。

image1
image2
 

オゾン・バイオアクティブ療法で効果のある疾患
●各種の悪性腫瘍
肺癌、大腸癌、胃癌、膵臓癌、腎臓癌、膀胱癌、乳癌、子宮癌、卵巣癌、前立腺癌、胆嚢癌、肝臓癌、甲状腺癌、皮膚癌、その他の癌、悪性リンパ腫、子宮肉腫、脂肪肉腫、その他の肉腫など

●神経変性疾患:パーキンソン病、アルツハイマー、痴呆症、ALSなど
●ウイルス性疾患:ウイルス性肝炎、エイズ、インフルエンザ、ヘルペスなど
●虚血性疾患:脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、下肢動脈狭窄など
●メタボリック症候群:高コレステロール血症、糖尿病、高血圧、痛風など
●慢性疲労症候群、線維筋痛症
●自己免疫疾患:SLE、関節リウマチ、強皮症など
●整形外科領域の疼痛症状
●神経痛、腰痛、肩こり、膝痛、帯状疱疹(ヘルペス)後遺症疼痛・部位痛

※甲状腺機能亢進症、妊娠中の方はオゾン・バイオアクティブ療法をお受け頂く事が出来ません。
 

オゾン・バイオアクティブ療法

オゾン・バイオアクティブ療法

綺麗な血液は、全身60兆の細胞に必要な酸素や栄養素を届け更に不要な老廃物の処理に重要な役割を果たしています。 
身体を健康に保ち、若さを保つ上で、私たちの血液を常に健康な状態にしておく事がとても大切なのです。

【暗視野顕微鏡所見】

オゾン・バイオアクティブ 症例写真

オゾン・バイオアクティブ療法では、血液は活性化し、酸素の運搬能が向上し、流動性も向上します。

アトピー性皮膚炎
オゾン・バイオアクティブ療法を2回施療。
痒みが著しく治まり、湿潤病変が乾燥治癒傾向。      
(1クール 5回)

糖尿病で足壊疽が治癒
糖尿病の合併症で足の血流が悪くなり痛みとともに
「3、4趾」に壊疽を生じた。オゾン・バイオアクティブ療法3回で血流は改善し、ほぼ治癒した。
(1クール 5回)

治療方法

自家血液療法

患者様の血液をおよそ100ccほど採血管に採取し、オゾン加酸素ガスをバブリングさせ、オゾン化血液にし、それを体内にもどす方法です。
活性酸素除去、新陳代謝活性化、免疫細胞の賦活化等の作用・効果を発揮し、以下の疾患に有効です。

適応効果

つぼ(皮下・筋肉内)注射

全身の圧疼痛部位へオゾン加酸素をつぼ注射。
(皮下・筋肉内へ注射する療法です。瞬時に痛み患部への血流血行改善・温度上昇患部の軽減・鎮静効果を発揮します。)

適応効果

注腸療法 ※末梢血管の細い方に

オゾン加酸素を肛門から注入する方法です。

適応効果