HOME > オゾン療法

当クリニックがオススメするオゾン療法!オゾン療法で期待される効果!

オゾン療法で期待される効果

鎮痛・抗炎症効果
特に痛みに対して、鎮痛効果が見込めます。
患部の炎症している箇所にオゾン加酸素を供給することで、抗炎症作用を示します。

殺菌作用
オゾンは殺菌・殺ウイルス作用の効果を期待できます。

デトックス解毒作用
体内毒素に対するオゾンの酸化作用によって分解され、肝臓での代謝分解作用効果が増強されると言われています。

老化した細胞の賦活化・体質改善作用

オゾン療法によって治療効果が期待できる疾患

  • 慢性疲労症候群(肩こり、慢性疲労、冷え性)
  • ウイルス感染疾患(肝炎、HIV、インフルエンザウィルス)
  • 慢性関節リュウマチ、頚椎捻挫、腰痛等の症状改善
  • 各種ガン(ガン、悪性リンパ腫、白血病)
  • 動脈硬化に起因する脳血管疾患
  • 狭心症、心筋梗塞等の冠動脈疾患
  • 末梢循環の改善
  • 線維筋痛症
  • 抗アレルギー作用(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症)

治療方法

血液にオゾンを反応させると

  1. 赤血球には
    流動性改善、細胞内の代謝活性化、細胞内のATP増加、抹消細胞への酸素放出改善
  2. 免疫細胞には
    単球の活性化、IL-1、-2、IFN、TNFなどのサイトカイン放出
  3. 原因物質フリーラジカルの除去
    の反応が発生します。
自家血液療法

ご自身の血液を約100cc程採血し、オゾン加酸素ガズをパブリングさせて、オゾン化血液にして体内に戻す方法のことを言います。

適応効果

つぼ(皮下・筋肉内)注射

瞬時に痛んでいる患部へ血流血行改善・温度上昇、患部のはりを減らす為の鎮痛効果を期待出来ます。

適応効果

注腸療法

オゾン化酸素を肛門から直腸の中に注入する方法のことを言います。

適応効果